嬉ノ庫の家

交通量の多い全面道路より車が出入りしやすいように駐車場を計画し、残りの敷地に建物を配置しています。変形敷地のため、建物は正面からの印象とは異なり、敷地奥行方向に向かって細長い形状をしています。採光や生活スタイルを考慮し、2階にリビング、キッチン、食卓を配置しています。